So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

レナウンの社販会 [ぶつぶつ]

土曜日にレナウンの社販会に行ってきました。

個人的にはあまり買いたい物もなかったのですが、家内が「そろそろパジャマの買い換え時期」というので、運転手がてら同行してきました。

新横浜の横浜アリーナが会場で、9時過ぎに出発して車で35分ほどで到着しました。ワンブロック手前のコインパーキングに停めて会場へ向かいました。

オンワード社販会ほどの広さはありませんが、それでもたくさんのブランドが出ていて、にぎわっています。中でウロウロとしていると、ちょうどワコールのCW-Xを見つけました。前回購入したのが2013年の夏(ワコール CW-X 購入:2013-08-25)で、すでに4年も使ってきましたし、去年は転んだりしてだいぶ傷んできたので、ちょうど良かったです。サイズもMがあり、デザインもまあ許容範囲。定価16,000円が9,000円でした。ネットで見ると11,000円はしていましたから、だいぶ安く買えました。並べてみると、使い込んだ方は太もものあたりの形が崩れていて、だいぶくたびれていることが分かります。これでお役御免です。

さらにトレッキング用のバックパックも購入。こちらは来週から予定している旅行用です。定価7,000円が3,900円。中に入れたボトルからのチューブを取り出せる穴が開いているハイドレーション対応ザックで、マラソンでも活躍しそう。軽いし背中がメッシュになっているので暑いところでも使えそうです。

予定していたパジャマも6,000円で購入し、会計を終えて出たところで食料品や雑貨の小店舗がたくさん出ていました。高島屋の出店ではPECKの瓶詰がかなりお安く出ていましたし、家内はお菓子やコーヒーなどを買い込んでいました。そして、出口の2階に上がったところで良さげなワインクーラーを見つけてしまいました。WMFのマンハッタンワインクーラー。ステンレスの2重構造でシンプルなデザイン、上端部が磨きになっています。定価が12,960円のところ、なんと3,000円! 思わず買ってしまいました。今使っているのはピーロートで貰ったプラスチック製ですが、十ノ原に回すことにします。

パジャマだけのつもりが、結局色々と購入してしまい、また散財です。


タイツ.jpg

ザック.jpg

ワインクーラー.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

884同期会(2017年 第2回) [ぶつぶつ]

大学の研究室の同期の飲み会で、今年2回目です。前回は5月(884飲み会@品川:2017-05-13)でした。

今回の幹事は不肖ながら私です。台風で中止となった横浜マラソンの祝勝会を兼ねての計画でしたが、年明けには四国ツアーも計画されていますし、その相談も兼ねての集合となりました。

場所は品川駅の東側、港南口を出て1分にある「ワインビストロ 茶夢 cham」さんです。食べログなどから駅に近い店をテキトーに選びましたが、なかなか良いお店でした。

19時スタートで10分前に到着すると、すでにAD君、FT君、FI君、AY君が到着してビールをオーダーしたところでした。大抵一番に入るAD君やFI君、勤務地が近くのFT君はともかく、いつも最後に登場していたAY君が一番乗りだったのには驚きです。1月の四国ツアー幹事のKD君やUT君も時間通りに登場して宴会スタートとなりました。

コース料理にしなかったため、料理はアラカルトです。タコとしめじのアヒージョ850円、チーズの盛り合わせ1,200円、マルゲリータ840円、ジャーマンポテト650円、つぶ貝のエスカルゴ風780円、ハラミステーキ880円を2個づつ頼みました。

乾杯はビールでしたが、その後はお店の名前のとおりワイン系にして、シャンパンは「ジャン・ド・ヴィラレ」4,800円、白ワインはフランスのリースリングで「ポール・ブルケール」4,500円、赤ワインはカリフォルニアのメルロー「フランシスカン」5,580円を頂きました。

FT君は最近アルコール控えているそうで、ずっとオレンジジュースでしたし、AD君はビールメイン、AY君はいつものようにあまり飲まなかったので、実質は残り4名で、十分に楽しめました。特に赤は美味しかったです。

1月の四国ツアーについては、13日からの土日で松山の道後温泉に入ることだけは決まっていますが、それ以外のことは未定。今治へ行って「しまなみ海道」を自転車で走るとか、九州に向かって伸びている「佐田岬半島」へ行って、関サバならぬ岬サバを食べようなど、色々な意見が出ていました。もう一人の四国在住幹事のKM君が色々とアイデアを絞っているはずで、旨いものを食べて飲んで温泉に浸かれば、あとはご当地の名所をいくつか見れれば十分です。

愛媛松山の次はどこにするか、四国で残った香川へ行くか、あるいは九州か、いっそ海外という話も出ていました。

そろそろ還暦で、一浪組では再就職に向けて動き出しているメンバーもいます。それぞれ置かれている会社の状況によっては、厳しいところもありますが、色々と気兼ねなく相談できる仲間がいるのは、心強いものです。

最後に最近ご無沙汰のIK君を呼び出そうと、年内にもう一度飲み会をセットすることになりました。こちらの幹事はFI君。IK君は自動車業界で、このところ色々とあって忙しそうですが、ぜひ会えることを楽しみにしています。

お通しの400円と税金を入れて、総額35,488円、一人5,100円でした。端数を除いて200円ほど余ったので、あまりお酒を飲まなかったAY君とFT君に100円づつ返金しました。


アヒージョ.jpg

ちゃむチーズ.jpg

ちゃむピザ.jpg

ちゃむシャンパン.jpg

ちゃむ白ワイン.jpg

ちゃむ赤ワイン.jpg

ちゃむポテト.jpg

ちゃむつぶ貝.jpg

ちゃむハラミ.jpg

ちゃむ同期会.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

ル・ミリュウ鎌倉山 [ぶつぶつ]

日曜日の午後、鎌倉山にあるカフェ「ル・ミリュウ」さんへ行ってきました。

36kmランから帰ったところで、家内の提案でモンブランを食べに出かけることになりました。国道1号線を南下して、影取から川名へ。左折して手広を抜け、深沢でモノレールの下を通って鎌倉山へ入りました。およそ40分かかりました。道沿いの10台ほどの駐車場は満車のように見えましたが、ちょうど1台分が空いていて、待たずに入れました。

1階の店舗内でオーダーして料金を払うと番号の書かれたカードをくれるので、それを持って屋外の好きな席に座っていると、ケーキを運んで来てくれます。オーダーしたのはモンブランセット1,200円とケーキセット1,100円。ケーキはビジューという洋梨のムースにしました。

最初は店を出たところの席にしましたが、入口脇に階段があり、その上に上ってみると店舗の屋上が広く屋外席になっていました。大きなシェードの下の日陰の席は満席で、日が燦々とあたる南端の席になりましたが、眺めは最高。鎌倉山の木々越しに、まぶしく光る海が見渡せました。

モンブランは下部にメレンゲを使ってあり、その上に生クリームが盛られて、さらに栗のクリームでコーティングしてあります。見た目以上に生クリームが軽く、その分、栗の美味しさが堪能できました。洋梨のムースも造りは凝っていて、ムースの中には甘い梨のコンポートが隠れています。上に盛られた洋梨はサクッとフルーツ感たっぷり。家内と半分づつしました。

帰りには逗子のテラスモールに寄って、夕食を買い出しです。マグロに加えて、カレイのお刺身が美味でした。


ルミリュウ.jpg

ルミリュウテラス.jpg

ルミリュウケーキ.jpg

ルミリュウ眺め.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

36kmジョギング [ぶつぶつ]

久しぶりに長距離を走りました。

このコースは去年の春の「東北風土マラソン」に合わせて開拓したコースで、30kmコース(30kmジョギングに挑戦:2014-12-15)がベースです。八王子から町田、大和を通って藤沢へ抜ける「境川」沿いのコースで、自宅から南下して境川に出たところで北上するのが30kmコースですが、さらに南に3kmほど進んで国道1号線を越えてUターンすると、今回の36kmになります。また、北側で相鉄線を越えて八王子街道まで出ると(下の絵の青線)さらに6kmプラスで、総計42kmのフルマラソン相当の距離となります。

30kmのコースは5回ほど走っていますが、だいたい3時間10分くらい。36kmコースは今回が2回目で、前回は4時間7分でした。

土曜日の朝が雨だったため、日曜日の5時半から走り始めて、戻ってきたのが9時半。ちょうど3時間58分でした。もしここから残りの6kmを6分30秒/kmペースで走ったとしても39分かかりますから、合計4時間37分。これではサブ4.5は難しいですね。

途中で2回、エネルギー補給に井村屋のスポーツようかんとアミノショットを口に入れたせいか、足が止まることはなかったものの、やはり30km過ぎると足が重くなり、かなりのきつさです。北風がやや強く吹いていましたが、実際のマラソンではこのくらいは想定しておかなければなりません。

このところ週末走に加えて始めた水曜日の10km走で脚力をつけて、なんとか4時間半切りをしたいものです。


ジョギングコース.jpg

アミノバイタル.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

ゆずカット [ぶつぶつ]

久しぶりにゆずの毛をカットしてもらいました。

今回は新しく近所のお店です。

いつも通り短めで、特に目の周りは目がぱっちりと見えるようにすっきりしてもらいました。トレードマークの長いまつ毛は、もちろん残して。

段々寒くなってきたので、お散歩には服を着せてあげないとね。


ゆずカット.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

e-taxソフト導入 [ぶつぶつ]

いよいよ、国税庁のサイトから確定申告をPCで行うためのソフトの導入です。

e-taxのサイトに行くと初心者マークのついたボタンがあり、そこをクリックすると初めて使う人でも分かりやすいように導入手順が書かれています。カードリーダーや電子証明書までは準備できていますので、次は「開始届出書の提出」です。

手順に従って「ルート証明書」と「信頼済サイト登録ツール」をインストールして、その後「開始届書」を提出すると「利用者識別番号」が取得でき、これでe-taxを使うことができるようになります。画面の指示に従って、住所や氏名などを記入していけば、それほど難しいことはありません。

利用者識別番号とパスワードは大切なものなので、画面印刷からプリントして保管しておいたほうが良いです。

ひとまずの準備はここまで。

あとは年末に給与所得の源泉徴収票が出て、また株の売買益に関する通知が証券会社から送られて来るはずなので、それらの情報をPCからインプットすれば、納付すべき税額が決まるので、それを納めて完了です。

おっと、ふるさと納税もありました。

こちらも確定申告する場合には簡便なワンストップ特例制度は使えないので、寄付した自治体から送られてきている領収書を添付して確定申告の中に入れる必要があるので、ちゃんと整理して保管しておかなければなりません。でもその場合は寄付先を5つに絞る必要がなくなるので、少額でも気に入ったお礼の品がある自治体への寄付が制限なくできるというメリットもあります。


e-tax.jpg

識別番号.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

11月の十ノ原 2017 帰りも大渋滞 [十ノ原]

最終日は水回りの始末です。

夜に雪になるかと思いましたが、大丈夫だったようです。でも朝の寒さは今年一番。朝の散歩でゆずは元気に走っていましたが、おそらく気温は0℃前後だったと思います。道路の落ち葉は、もちろん凍って霜が降りていました。

帰りに11時開店の福田で新そばを頂くため、10時半には出発しなければなりません。最近の福田はすごい人気で三連休となると行列必至です。開店と同時に店に入るくらいで行かなければなりません。

9時から掃除を開始し、その後少し手順を改訂したマニュアルに従って、慎重に水抜きを行いました。特に破損させたことのある屋外給湯器や風呂の追い炊き配管は念入りに圧縮空気で水抜きしました。横浜へ戻すダイニングチェア2つやりんご25kgなど、帰りはかなりの荷物になりましたが、何とかジュリエッタに押し込み、予定通り10時半過ぎに出発しました。

帰り道は見事な落葉松の紅葉が見れました。菅平湖の脇の駐車場に止めて、対岸をパチリ。金色に輝く落葉松が見事でした。

福田には開店3分前に到着。三番目でしたが、無事に新そばのざるそばと天ぷらを頂きました。やはり十割でこのコシは見事です。ツユをつけずに口に入れると、若干いつもよりそばの香りがしたような。天ぷらは春菊やエノキ、カボチャやサツマイモにブロッコリーと海老でした。

その後、おぎはら植物園に寄って、苗を買い込みました。大好きな黒いクリスマスローズ(クリスマスローズ:2017-03-06)ですが、10月の長雨でとうとう枯れてしまい、新たに買い直しました。家内は新しい品種のダブルクィーン。合わせて1,800円と、なかなかのお値段でした。あとはパンジー5つとチューリップの球根にしました。

12時半に東御町から高速に乗りましたが、藤岡JCTから関越道に入ったところで渋滞。上里SAでトイレ休憩しましたが、その後は圏央道に入る鶴ヶ島JCTまでの大渋滞でノロノロ。特に鶴ヶ島JCTではほとんど動かないほどでした。結局圏央道に入ったすぐの鶴ヶ島ICでトランプ大統領のゴルフの影響で車線規制があったようで、そこを抜けたのが16時でした。都内の道路規制は聞いていましたが、こんなところまで影響があるとは。ヘリコプターで到着と言ってましたが、帰りは車だったのでしょうかね。

自宅到着は17時15分で、往きも帰りも渋滞で散々の十ノ原行になってしまいました。

12月は、ちょっと予定があるので、次の訪問は年末から年始にかけてとなりそうです。


菅平湖の紅葉.jpg

福田てんぷら.jpg

福田新そば.jpg

クリスマスローズ苗.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

11月の十ノ原 2017 リンゴ リンゴ!! [十ノ原]

2日目の土曜日は朝6時に起きて、朝食の前にタイヤ交換です。Yahoo天気を見ると8時過ぎには雨雲がかかる予報で、起きて早々にとりかかりました。

床下の物置からスタッドレスタイヤを取り出し、油圧ジャッキでジュリエッタを持ち上げて4本のタイヤを交換しました。取り付け後に水抜き用に設置したエアコンプレッサーで空気圧をチェックしようと収納ボックスの蓋を開けると、なんとびっくり! 20cmはある蜂の巣が目に飛び込んできました。箱の隅には数匹ゆっくりと動く蜂もいて驚きました。殺虫剤をかけてからホースごと取り出して潰しましたが、巣の中には蜂はいませんでした。ちょうど幹の洞のように雨風も防げる箱の中は恰好の場所だったのかもしれません。時々チェックしないといけません。その後、外した夏タイヤを床下にしまい、全部終了したのが7時30分。1時間ちょっとかかりました。

朝食はTSURUYAのクロワッサンに厚切りベーコン、温泉卵とサラダ、フルーツたっぷりヨーグルトと珈琲です。

雨もほとんど止んだため、のんびりとゆずの散歩をしてから、帰りがけに寄るつもりだった山口りんごのYZさんに電話をしたところ、日曜日は予定があって不在とのこと。急遽午前中に上田市内へ向かうことになりました。中日はゆっくりと高山村でリンゴ詰め放題と子安温泉と思っていましたが、午前は上田市、午後は高山村と菅平を中心に南北に走り回ることになりました。

上田市内のYZさん宅では、事前にお願いしてあった「シナノゴールド」の傷モノを有償で分けてもらいました。その場で試食させてもらいましたが、シナノスウィートほどの甘味はないものの、適度の酸味もあって濃い味の印象です。やはりスーパーマーケットで買うリンゴとは味の濃さが違います。木箱一箱に30個ほど入っていました。傷モノとはいえ、市価の半値くらいで、さらにおまけで王林を4つ、西洋かりんのマルメロを3ついただきました。王林は他のリンゴよりも数日早く花が咲くため、その花粉を他のリンゴの受粉に使うのだそうです。いままで食べたことはありませんが、加熱してジャムなどにする場合が多いそうです。

その後、上田市内のカインズホームやTSURUYAで買い物をしてから、十ノ原へ戻りました。

十ノ原へ戻ったのはちょうど昼過ぎでしたが、昼食は高山村にあるお蕎麦屋さんで取ることにして、荷物を下してすぐに再出発しました。

高山村で、まず寄ったのがリンゴの共撰所。ここではシナノスウィートのつめ放題です。何度か寄っていますが、スーパーのビニール袋にリンゴのパンパンに入れて1,000円。今回もたっぷり詰め込みました。帰宅後に計ってみると全部で30個で12.5kgありました。YZさんのものと合わせて約60個。11月末にはサンフジが10kg届きますし、まさに、しばらくはリンゴリンゴです。

昼食は高山村の真ん中あたり、万座道路に入ったすぐにある蕎麦どころの「子安そば 文の蔵」でざるそばをいただきました。先日紅葉を探しにこの道を走った際、家内の鼻が利いて目をつけていたそうです。

到着したのは14時過ぎで、ちょうど麺が切れてしまい、蕎麦打ちからして、打ち立てのお蕎麦を頂くことができました。黒い粒状の殻も入った太切りの田舎蕎麦でしたが、なかなか風情のある新そばでした。ちょっとつけ汁が濃かったように思いました。

その後、このところ馴染みの「子安温泉」でゆっくりと温まり、十ノ原へ戻りました。

須坂から上は霧が濃く、峰の原に着いた時には雪をかぶった車を見かけましたが、十ノ原は積もるような降りではありませんでした。

でも、夜はかなり冷えてきました。タイヤ交換と水の始末は、ちょうどギリギリのタイミングでした。

夜はキノコ鍋をつつきながら日本シリーズを堪能しました。

ベイスターズ、惜しかったですね。若いチームのせいか、ここというところでミスが出たのが残念でした。


朝食.jpg

蜂の巣.jpg

シナノゴールド.jpg

つめ放題.jpg

1000円リンゴ.jpg

子安そば.jpg

子安ざるそば.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

11月の十ノ原 2017 しおざわコシヒカリ [十ノ原]

三連休で十ノ原へやってきました。

今回は冬支度。ジュリエッタのタイヤ交換と水回りの始末が目的です。

関東では10月の毎週末の天気が悪く、4週間ぶりに天気に恵まれたため、高速道路は大渋滞。8時に出発して上里SAで休憩したのが12時でした。その後、今回は藤岡JCTを直進して関越道で新潟へ。塩沢石内ICを下りたのが14時で、なんと横浜から6時間もかかりました。

前回も新米を購入した「道の駅 雪あかり」で、同じしおざわコシヒカリの天地米5kgを買いました。

遅めのランチは道の駅で買ったおにぎりです。塩と味噌を買いましたが、大粒のお米でモチモチ。さすが塩沢のコシヒカリでした。

その後、十日町を抜けて、飯山の「道の駅花の駅 千曲川」でキノコや銀杏、野沢菜を買いました。野沢菜は14時に収穫した新鮮野菜で1kgで180円。漬物にするそうです。飯山でガソリンを入れ、小布施のTSURUYAで食材を買い込んで十ノ原に到着したのは17時過ぎでした。終日のドライブでさすがに疲れました。

夜はお刺身とあんかけ揚げだし豆腐。採れたてホップの一番搾りで乾杯です。

明日は天気が悪そうなので、朝一番に起きて、タイヤ交換しなければなりません。


天地米2017.jpg

塩にぎり.jpg

野沢菜.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

横浜マラソン 2018 出走 !! [ぶつぶつ]

グッドニュースが飛び込んできました。

中止となった「横浜マラソン2017」のその後の対応がホームページで公開され、なんと2017年の参加予定者は優先的に来年の「横浜マラソン2018」に出走できるとのこと。詳細は来年の1月の組織委員会で決定とのことです。

素晴らしい!!

しかも今年の完走メダルは、来年完走すれば、合わせて貰えるとのこと。これは一度で二度おいしい。絶対に完走を目指さなければなりません。

参加者が受け取るはずだった出走記念タオルは11月中に郵送されてきて、その際に同封の封筒にゴールで回収予定だった計測タグを入れて送り返してほしいとのことです。

最後に今年の参加料15,000円の返金はなしとありますが、いえいえ、全く問題ありません。たぶん「横浜マラソン2018」の参加料はもう一度支払うことになりますが、参加賞のTシャツに出走記念のタオル、それに(完走できれば)メダルも2年分貰えるのですから、2年分の参加料はお支払しますよ。

組織委員会の粋な計らいに感謝し、練習に励みますわ。


横浜マラソン2018.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

e-tax用カードリーダー [ぶつぶつ]

先日のマイナンバーカード取得(マイナンバーカード受領、でもちょっと失敗:2017-10-15)に続き、e-taxの準備です。

マイナンバーカードを受領した際に設定した電子証明書を読み取るためのカードリーダーをAmazonで購入しました。NTTコミュニケーションズのACR39-NTTComで、2,088円でした。送料は無料です。口コミでの一番人気はソニーの非接触型PaSoRi RC-S380でしたが、送料込で3,000円とお高く、特に非接触型のメリットも感じなかったので、安いNTT製にしました。年に1度しか使いませんし、公的個人認証サービスにも対応しています。

マニュアルに沿ってドライバーをインストールしてからUSBに接続し、公的個人認証サービスポータルサイト(http://www.jpki.go.jp/)にアクセスし、利用者クライアントソフトをダウンロードしてインストールすれば完了です。

個人認証サービスのサイトでは、マイナンバーカードに登録された「署名用電子証明書」や「利用者証明用電子証明書」を確認し、税金などの電子申請を行う際の個人証明をしてもらうことになります。カードリーダーに差し込んだマイナンバーカードの内容も、無事に読み取ることができました。実際の使い方は確定申告を行う「e-tax」のソフトを入れて使ってみないと分かりませんが、ひとまずハードウェアの準備は完了しました。

次は国税庁のサイト(www.e-tax.nta.go.jp)から「e-tax」のソフトをダウンロードにPCにインストールです。

まだまだ、電子申告への道は長いです。


カードリーダー.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

横浜マラソン 中止 !! [ぶつぶつ]

えーーーっ!!

台風接近により横浜マラソンの中止が決まりました。土曜日の17時過ぎにホームページでアナウンスされました。

なんてこった!!

撥水スプレーもして着替えの荷物もまとめ、準備万端整ったところでの発表でした。

朝のうちの予報では、昼頃にいったん雨風が弱まると出ていましたが、15時過ぎには3-5mmの雨が降り続き風も強いという予報に変わってきていましたからね。

確かにボランティアの人達は高速道路の上の給水所で長時間居続けるわけだし、突風など吹いたら大変と、安全面を考慮したというのは当然かもしれませんが。

それにしても、ねぇ。

残念無念!!


マラソン中止.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

横浜マラソン ナンバーカード受領 [ぶつぶつ]

金曜日の夕方に横浜マラソンのナンバーカードを受け取ってきました。

横浜赤レンガ倉庫の奥がランナー受付で、事前に届いたナンバーカード引換証と本人確認書類として運転免許証を提示してナンバーカードを受け取り、続けて参加賞のTシャツと手荷物預かり用の袋をもらいました。協賛のENEOSと大きく書かれたバッグに入っています。

受付後は赤レンガ倉庫の広場で大道芸人やお笑いタレントのパフォーマンスが開かれた「横浜マラソンEXPO2017」会場を通り、桜木町駅まで戻りました。

ちょっと困ったのが当日の天気。木曜日金曜日と良く晴れていましたが、台風22号の影響で土曜日の昼からは雨、マラソン当日の日曜日は降水確率90%で、2-3mm/hrの本降り。しかも北風5mとの予報になっています。

多少の雨なら帽子でしのげますが、今回は本降りがずっと続くことから、急遽雨対策のウェアを買いに東戸塚のヴィクトリアに寄ってきました。

ウェアはアシックスの「ランニングパッカブルジャケット」で、軽い素材ながら撥水処理がしてあって、しかも背中にはムレ防止の穴が開いています。店員さんに相談したところ、完全な防水仕様のものは登山用で重く、ランニングならこれに撥水スプレーをしておけば十分とのことでした。また、帽子も同じアシックスの撥水仕様にしました。今まで使っていたアディダスの帽子は雨に濡れると伸びて緩くなり、風で飛ばされそうになることがありました。今回は風が強そうなので、少しきつめのもので雨をはじくものを選びました。両方合わせて13,000円と、台風接近のおかげで散財させられてしまいました。

朝から本降りの雨となると、いよいよ4時間30分切りは難しそう。スタート前に1時間くらい並びますから、体の冷えも問題です。また後半20kmから32kmまでの高速道路は北向きで、高架で風を遮るものがないので、雨風で苦労しそうです。

ともかく、完走メダルを目標に頑張ります。


ゼッケン.jpg

ランニングウェア.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

都会の昼食(264) 鶴見 天龍飯店 油揚げと野菜うま煮麺 半ライス付き [都会の昼食]

これも9月のネタで、ステーキに続いての体力回復ランチです。

会社から20分ほど歩いて鶴見区役所近くにある中華料理の店「天龍飯店」までやってきました。日替わりランチは「みそラーメン」600円でしたが、ここは栄養をつけようと、お勧めの「油揚げと野菜うま煮麺 半ライス付き」750円にしてみました。ザーサイの小皿とデザートの杏仁豆腐もついています。

11時半過ぎだったので、お店の中は先客なしでしたが、次第に混んできました。待つこと5分。手早く作ったうま煮を醤油ベースのスープのラーメンの上にたっぷり載せてあります。まだジュウジュウいいそうなほど熱々で、あんかけになっているので火傷しそう。フーフーと冷ましながらいただきました。油揚げの旨みが効いています。野菜もたっぷりで美味しい。半ライスなので特に減らしませんでしたが、やっぱり鶴見という土地柄、肉体労働者向けにラーメン半ライスはかなりの量です。スープの中に麺を少し残してしまいましたが、お腹一杯。力がついた気がしました。

ご馳走さまでした。


油揚げ野菜旨煮麺.jpg

天龍飯店.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

落葉松の枝打ち 追加 [十ノ原]

信州きこり工房さんにお願いした落葉松の追加伐採(9月の十ノ原 初日:2017-09-18)ですが、10月初めに見積が出てきました。

費用は32,400円。

3本のうち、1本は前回の作業範囲内で、その後のやり取りでは無料で伐採しても良いとのことでしたから、この値段ははちょっと高い気もしましたが、3本の伐採での1日仕事を考えると、まあこんなものかもしれません。

一方で、最初の伐採の際にもきこり工房さんから指摘があったアンテナの正面にあたる広葉樹ですが、10月訪問時に確認すると、数本がすでにアンテナに近い高さまで成長してきていて、1-2年のうちには邪魔になるかもしれません。

ちょっとお高い値段で了解のメール送信の後、ついでに隣の広葉樹も高さが伸びないよう、成長点を切り詰めてくれるようにお願いしたところ、すぐに了解の返事がきました。

11月3日からの三連休には、水抜きやタイヤ交換などの冬支度に訪問予定です。

それまでに作業が終われば確認できますが、どうでしょうかね。



きこり工房見積2.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

もうすぐ横浜マラソン [ぶつぶつ]

来週の日曜日は横浜マラソンです。

台風一過で天気も回復し、週末まで良い天気になりそう。

このところ週二日の10km走でもペースが上がってきて、土曜日は自己ベストの57分台が出ました。8月から9月にかけて落ちた体力も戻り、脚力も以前と同等まで回復してきたように思います。

このペースでフルマラソンの42kmを完走できれば4時間10分くらいになりますが、もちろん、そう簡単な話ではありません。

なんとか前半は6'30"/kmくらいのペースで体力を温存しながら走り、後半、特に35km過ぎから足が止まらないようにして、4時間30分を切ってゴールするのが目標です。


10km走.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

弥生台 pétale de Sakura で誕生会 [ぶつぶつ]

土曜日には、相鉄線の弥生台駅近くにあるフレンチのお店「pétale de Sakura」で、家内が誕生会を開いてくれました。予約は18時でしたが、バスが15分も遅れて18時20分からスタートです。

pétale de Sakuraは3年前にオープンした本格フレンチのお店です。近くでとれた野菜や地元の食材にこだわって、新鮮な料理を出してくれます。以前に家内がオーナーシェフの料理教室に参加したご縁で、美味しい料理をたっぷりといただきました。

お願いしたのは「プレミアム ディナーコース」で、メニューには「薬膳フレンチ」とありました。取れたてのハーブなどを各料理にあしらって、味と香りを楽しむ趣向です。

最初にグラスシャンパンをお願いし、アミューズは「とんぶりとサラダバーネットを使った自家製ピクルス」に「コショウソウをあしらった茄子とエスカルゴ」の二品。どちらもスプーン一杯ほどの量ですが、しっかりとした味と香りで美味しくいただきました。

続いての前菜は「イワシと浜なしに身厚玉ねぎ、おからとズワイ蟹」。薄く切った梨を巻き付けたイワシと、玉ねぎの中におからとズワイ蟹のほぐした身を詰めたものが並べられ、バジルとレモンタイムが添えられています。脂ののったイワシと白いムースのソースがよく合います。

スープは「かぼちゃのスープ」。泡立てたクリームでカフェオレ仕立てになっていて、茹でたバターナッツが添えられています。添えられたハーブはシナモンです。

ここで飲み物を赤ワインに変え、2010年のBordeaux Saint Million Grand Cru Chateau Bernateauをデカンタでいただきました。ちょっとカカオのような香りがするフルボティで、とても美味でした。

魚料理は「オマール海老と烏賊のファルス 水前寺菜添え」。カファライムリーフ(コブミカン)で山椒のような香りがつけられています。続いての魚料理は、箸休めのような「穴子の燻製を使った混ぜご飯」。ハト麦を混ぜたごはんに三つ葉が載せられていて、柔らかい味でした。

メインのお肉料理の一つ目は「やまゆりポークと横浜野菜のココット」。熱々の器でサーブされ、冷ましながらいただきました。チョリソーがピリッと味を締めていて、添えられてたハーブは月桂樹。二つ目は「塩麴で味付けした熟成横濱ビーフ、豆腐チーズにみょうがと新生姜のソース添え」。ナスタチウム(金蓮花)など食用の花や葉が添えられています。

お口直しは「浜っこプリン」。朝とれた牛乳と卵で作られたそうです。デザートは「無花果と食用バラにアイスクリームとシャーベット」。ハーブはローズゼラニウムです。珈琲に続いて、ハーブティもいただきました。

どれも量が少なめに見えましたが、食べ終わってみるとお腹が一杯で、久しぶりにフレンチを堪能しました。

59歳の誕生会なので、デザートプレートに名前など書かれるのも、ちょっと気恥しい感じでしたが、会計時には撮った写真も渡してくれて、とても良いサービスでした。

ごちそうさまでした。


サクラ.jpgサクラ2.jpg

サクラワイン.jpg

サクラ3.jpgサクラ4.jpgさくら誕生会.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

ゆずが帰ってくる! [ぶつぶつ]

家内の実家に行っているゆずの写真が届きました。

どこかしら寂しげに見えるのは、こっちが寂しいからか。

今日は横浜へ帰還するので、たっぷり遊んであげます。

でも、最近は天の邪鬼というかツンデレなので、呼んでも来なさそう。


三重のゆず.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

都会の昼食(263) 京橋 BEEF UP TOKYO ステーキランチ [都会の昼食]

9月の中旬の話です。朝から本社出張で、午後も浜松町へ行く仕事だったので、東京駅近辺でランチを摂ることにしました。

何度か書いていますが、9月に入って体力が落ちてしまい、そのリカバーのため糖質カットは中断して、特にランチは豪華にしています。食欲もだいぶ戻ってきて、この日はステーキです。京橋にある「BEEF UP TOKYO」さんに入りました。

ランチタイムだと150gの赤身ステーキランチが税込1,000円です。待つこと10分で、ジュウジュウと音をたてながら熱々の鉄板に乗ってステーキが出てきました。付け合せはもやしとインゲンにコーン。スープとライスが付いてきます。ご飯は少な目にしてもらいました。すでに切り分けてある赤身肉はかなりのレアーで、好みによって、まだ熱い鉄板に押し付けて焼きを入れることもできます。タレはしつこくなく、赤身肉と良く合います。

胃の様子を見ながら食べ始めましたが、あっという間に完食です。やっぱりステーキは美味しいですね。八重洲地下の「いきなりステーキ」も美味しいですが、1,300円と、ちょっとお高いのが難点。

これで1,000円なら大満足でした。


BUTステーキ.jpg

BUT.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

一人の日曜日 [ぶつぶつ]

日曜日から家内が三重の実家に行っています。

ゆずも連れてのジュリエッタの旅で、朝9時に出発して14時には到着したとのメールが入りました。水曜か木曜まで、一人暮らしの義母のお世話など、忙しく過ごすようです。

さて、一人となった日曜日。

前からの予定では29日の横浜マラソンに向けて、最後の長距離走で30kmをゆっくり走るつもりでしたが、天気が雨で断念。小雨から曇りだった前日の土曜日に20kmだけ走っておきました。残りの2週間は週2回の10km走だけにして筋肉の張りをキープし、当日に臨みます。

で、雨の日曜日は、まず家の掃除から。ほぼ物置状態だった長男の部屋の不要品を片づけました。整髪料やクリームなどの液ものは全部捨てて、ストーブなどの空き箱も処分。だいぶすっきりしました。その後、2階から1階まで掃除機をかけて、12時にはお掃除終了。

昼は冷凍の「お好み焼き」とマスカットで済ませました。このところ、休日は炭水化物系インスタント食品が多いですね。土曜日の昼は「モッチッチ」だったし。

そして13時からは、一人きりの時のお約束、プロジェクターをセットして、大画面での映画鑑賞です。

今回はクリント イーストウッドの「スペース カウボーイ」2000年の作品です。最初のシーンでものすごい音がする場面があって、部屋がビリビリと振動し、とても家内やゆずが居ては見れない映画です。1998年に大ヒットした「アルマゲドン」と話の落ちは似ていて、どちらもスペースシャトルが出てきて、最後にはメンバーの一人が命を懸けて地球を救うという展開ですが、ちょっと描き方が違います。

アルマゲドンでは、主人公のブルース ウィルスが、くじで一人残って隕石を爆破することになった娘の恋人のベン アフレックの宇宙服を壊して自分が役を変わり、最後にはなんとか爆弾を起爆させて死ぬ。その時に家族のことをフラッシュバックして観客の涙をさそうというエンディングでした。

一方の「スペース カウボーイ」では、ガンで余命短いとなっていたトミー リー ジョーンズが、自ら核ミサイルにまたがって月に向かって飛び立つという展開で、主人公のクリント イーストウッドも、トミーの申し出にちょっと驚く仕草は見せたものの、そのまま行かせます。最後のシーンでもフランク シナトラの「フライ ミー トゥー ザ ムーン」の歌が流れて、月の上にいるトミーの宇宙服のヘルメットに地球が映るシーンでエンディングになります。お涙ちょうだいとはならず、なにか達成感のような満足感のあるエンディングでした。

どちらも自己犠牲が描かれていますが、なんとなく「スペース カウボーイ」のほうが好きなんですよね。淡々としているというか、何か引かれます。

歳をとったせいですかね。


スペースカウボーイ.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

2017夏ドラマの視聴率 [ぶつぶつ]

夏のドラマが終了し、すでに秋ドラマがスタートしています。

今回は10本のドラマを録画しましたが(2017夏ドラマ:2017-07-31)、世の中の視聴率はどうだったのかチェックしてみました。

毎回のトップ視聴率はフジの「コードブルー」。山ピー主演の救命救急もので、今回がサードシリーズです。全回13%超えで平均14.8%は見事です。ガッキーや戸田恵梨香、椎名桔平といった、忙しい名優陣を揃えたことでも話題になり、来年には映画化もするそうです。まあ、この数字なら納得です。

続いては日テレの「過保護のカホコ」。こちらも旬の役者さん、高畑充希と竹内涼真を持ってきて、話題になりました。第9回のみ9.9%ですが、それ以外はすべて10%超えで、平均は11.5%でした。高畑充希の幼稚園児のような走り方が笑えました。これが民放初主演ドラマだそうで、CMなどTV露出が多いので驚きです。

その後の2作「黒革の手帖」と「遺留捜査」は、私が録画対象にしなかったのに高視聴率でびっくり。特に遺留捜査の初回はなんともしょうもない2時間ドラマ仕立てでしたが、13%もの視聴率だったそうで、どちらも平均で二桁視聴率でした。分からないものです。

その後に平均視聴率二桁に滑り込んだがの「カンナさーん!」。お笑いの渡辺直美が主人公でそれなりに見た人が多かったのかもしれませが、想像以上に高い視聴率でした。

個人的に結構面白かった「ごめん、愛してる」「ウチの夫は仕事ができない」「愛してたって、秘密はある」の三作がその後ろに続きます。「ごめん」は最初から最後まで韓国ドラマでしたが、長瀬君の演技も良かったし、久しぶりの池脇千鶴も上手でした。「ウチの夫」は、まあ普通のホームドラマでしたが、けっこうホロっとくる場面もあって、松岡茉優に癒されました。この女優さん、あまちゃんや真田丸にも出ていたそうです。「愛して」も最終回の種明かしはびっくりでした。そうくるかという展開で、面白かったです。

ここまでが平均視聴率8%の作品で、その下に来たのが「ハロー張りネズミ」の7.3%。この作品、個人的にはなかなか高評価でした。瑛太と森田剛の掛け合いが漫才みたいだったし、深キョンも、相変わらずのほほんとしていい感じでした。所長役の山口智子の演技は馴染めませんでしたが、毎回のストーリーも結構凝っていて、2話完結にするなど、工夫もありました。調べてみると、1991年に唐沢寿明主演で映画化されたり、1996年に緒方直人主演でスペシャルドラマになったりしたそうです。原作が人気だったみたいです。

その後ろは5-6%台で、途中打ち切りで話題になった「セシルのもくろみ」は3-4%と苦戦でした。やはりフジの木10時枠でこの視聴率では厳しかったですね。でも一応、全話BD化しました。

さて、秋ドラマはどうでしょうか?

「陸王」「奥様は、取扱い注意」「明日の約束」「監獄のお姫さま」「刑事ゆがみ」「ブラックリベンジ」「民衆の敵」「コウノドリ」「先に生まれただけの僕」「今からあなたを脅迫します」

の10本は録画予定です。

毎回高視聴率の「ドクターX」と「相棒」は、残念ながらシリーズをずっと見て来ていないので、今回も見ずに録画もしません。でもドクターXの初回はいきなりの20%超えだったようですね。

さすがです。


2017夏ドラマ視聴率.jpg

夏ドラマBD.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

マイナンバーカード受領、でもちょっと失敗 [ぶつぶつ]

9月9日に申請したマイナンバーカードですが、10月11日に受領はがきが届きました。これを持って市役所の戸籍課に行けば、マイナンバーカードを受け取ることができます。

平日だと予約なしですが、第2、4土曜日に受け取る場合は事前予約が必要とのことで、事前に電話して、ちょうど週末の14日の朝9時に受け取りに行ってきました。

受領には受領はがき、通知カード、顔写真付きの身分証明書(運転免許証やパスポート)が必要です。窓口で本人確認のあと、電子証明用のパスワードなどをパソコンの画面から入力して手続き完了です。およそ15分でした。

説明を聞いて、ちょっと失敗だったのが、受領のタイミング。マイナンバーカードそのものは10年有効でも、電子証明書の有効期限は発効後の5回目の誕生日だそうで、私の場合、誕生日の直前に受領に行ってしまったため、実質4年後に失効してしまいます。再度電子証明書を発行してもらうためには来所して手数料を払わなければなりません。11月になってから受領しても確定申告には間に合いますし、1年分を損してしまいました。

これからマイナンバーカードを作成される方は、誕生日後の受け取りがお勧めです。

さて、確定申告に向けて、次の準備はIDカードリーダーの購入とe-tax用のソフトウェアの導入です。


マイナンバーカード.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

十ノ原のゆず [十ノ原]

ベリーと一緒で、ゆずも十ノ原が大好きです。

天気が良ければ早朝に散歩するのが日課で、着替えを始めると玄関先で「クルクル」回りながら、早く早くと急かします。リードをつけてもらって玄関を開けると、真っ先に向かうのはベリーが眠っているブルーベリーの近く。ここでトイレ小を済ませます。

その後、道路を歩きながら、道路脇の草むらや落ち葉の中に鼻を突っ込んでは「クンクン」。蓋のない側溝に足を取られながらも隣家の敷地内に入ったり探検モードです。しばらく歩いてからトイレ大をして、それはそれはいつでも快調です。

朝晩の散歩をしてくれるからか、十ノ原に来ると、父さん大好きになって、顔を「ペロペロ」。横浜では呼んでもいやいや来るし、だっこしても目も合わせてくれないのにね。

でも家内に言わせると「マダニのウィルスが犬から人間に感染した例があるから、危ない!」らしいです。厚生労働省も「体調不良のペットとの過剰なふれあいを避けるように」とのお達しを出してますし、長く放浪していたゆずがウィルスに感性していないとは限らず、ちょっと心配。まあ、体調は悪くないので、大丈夫でしょう。

昼間はお留守番が多いですが、ケージに入れて家を出る時も吠えることはないので、ひとりの時はゆっくり寝ているみたい。家族が居る時も、何かしら動き回っていると落ち着きませんが、皆がTVを見たり、本を読んだりと、落ち着いていると、座椅子やクッションの上に移動して「スヤスヤ」。まるで猫のように丸くなって寝ています。特にこれからの寒い季節は、ストーブ下のレンガに体をくっつけています。一番暖かい場所で、ベリーも大好きでした。

でも、最終日に帰る準備を始めると、途端に落ち着かなくなります。ウッドデッキや室内を動き回り、ジュリエッタに荷物を積みだすと、「置いて行かれては大変!」と運転席に飛び乗ります。それでも、荷物室のケージに入れられて、車がスタートすれば全く吠えることもなく、呼吸する気配さえも感じさせません。途中のSAの休憩以外、ずっと寝ているみたい。ちょっと心配になるほど静かです。

ベリーは往きも帰りも、最初から最後まで、ずーっと吠えてましたから、雲泥の差。

こればかりは「ゆずはお利口!」と感心しています。


ゆずキッス.jpg

ゆずクッション.jpg

運転席ゆず.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

10月の十ノ原2017(紅葉) [十ノ原]

今回十ノ原で見つけた紅葉です。

最後の見事なかえでは、ご近所のMDさんのお宅です。

我が家に植えたアメリカハナノキも、あと10年もすればこのくらいの大きさになって、見事な紅葉を楽しませてくれるでしょうか?

さらに秋が深まると落葉松が紅葉し、山の尾根から道路までが金色に彩られます。


紅葉1.JPG

紅葉2.jpg

紅葉3.jpg

紅葉4.jpg

紅葉6.jpg

紅葉5.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

10月の十ノ原2017(3) [十ノ原]

最終日はリンゴ農家のYZさんのお宅に寄って、リンゴを頂いて帰りました。

YZさんとは十ノ原の別荘を建てた時からのお付き合いです(山口りんご:2011-10-15)。

実は今年は5月末に「ひょう」が降ってリンゴの実が傷つき、売り物になる商品は無しとお聞きしていました。それでも自宅用にキズ物でも良ければ出荷できるとのことでしたので、状況をお聞きするために訪問しました。

到着後、ご自宅の前のシナノスイートの畑を見させてもらいましたが、どの実にも何ともかわいそうな傷がついています。降ひょうがまだ実の小さい時期だったので、浅い打撲痕は修復されて味に変わりはないそうですが、もう少し後だと傷が修復できずに中が腐り、全滅することもあるそうです。山口地区では50年ぶりの規模のひょう害だったそうです。

収穫したとしても、キズ物として出荷できるのは傷が5個程度までで、それ以上のものは加工用にするか、廃棄するしかないそうです。農家の中には摘果もせずに放置したところもあるそうですが、YZさんは良さそうなものを選んで他を摘果し、その分大きく立派に育っています。それだけにキズが痛々しく、かわいそうな限りです。ここまで育ったリンゴを廃棄するYZさんの思いはいかばかりか、心が痛みます。

ご自宅の脇でキズ物のシナノスイートを切って食べさせてもらいましたが、味はまったく変わりません。せっかくなのでキズ物でも良いので出荷できるものを分けて頂こうとしましたが、どうせなら出荷できないものをタダで持って行ってくださいとのこと。段ボール一杯の20kgほどのシナノスイートを頂いてしまいました。

帰宅後、さっそくご近所に状況をご説明しておすそ分けしましたが、リンゴ大好きな方が多く、とても喜んでもらえました。

11月には蜜たっぷりのサンフジの収穫が始まります。今度はちゃんとキズ物を有償で譲っていただくつもりです。


キズりんご.jpg

リンゴ.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

10月の十ノ原2017(2) [十ノ原]

二日目の朝食は、目玉焼きにベーコンにサラダと、シャインマスカット、バナナ、柿の入ったフルーツヨーグルト。

朝方は深い霧が出ていましたが、10時頃には晴れて青空も見えてきました。今日は高山村に行く予定ですが、昼にソファーが届くため、午前中は別荘地内を散策して紅葉狩りです。実は午後に行った高山村の松川渓谷はまだ紅葉に早く、十ノ原で見つけた紅葉が見事でした。

家具屋さんが来たのは13時前。朝7時に出てきたそうですが、高速が混んでいてギリギリの時間になったとのこと。外人さんの担当者でしたが、テキパキと30分ほどで作業は終了し、すぐに次の配送に向かっていきました。

LDソファは予想通り、良い色の仕上がりでした。座面が低く、また深くなり、ゆったりとくつろげます。テーブルのモルトブラウン色も建具の色とぴったりで落ち着きます。

その後14時前に高山村の「松本ファーム」へ向かいました。今回は家内の友人のMIさんに頼まれたシャインマスカットの代金を払うのが目的ですが、ついでに我が家用にも4kgほど分けてもらいました。300円/kgほどお値段が上がっていましたが、さらに甘味が強くなっていて楽しみです。また今回も種無し巨峰の干しブドウもタダで頂きました。巨峰の皮は渋みがあって、生で食べる時には口から出しますが、干しブドウにすると皮ごと甘く食べられ、渋みもありません。ポリフェノールたっぷりの食材です。

松本ファームで紅葉の様子を聞くと、今年は遅れていて、松川渓谷はまだ全然。一番上の山田牧場で少し始まっている程度とのことでした。アドバイスもあって万座へ抜ける112号線を進み、湯峰公園まで行ってみましたが、やはり山々はまだ緑で、高い山の尾根が少し色付き始めた程度でした。

その後帰り道に子安温泉に寄り、前日のランニングの疲れを癒してから、小布施のTSURUYAさんで夕食を買い出して、十ノ原へもどりました。

夕食は新しいソファでゆったりといただきました。横浜から持参のシャンパンを開け、カツオのお刺身にシャインマスカットと生ハム、アボガドとトマト、チーズにつぶ貝などなど。

座面が低くなった分、TVも見易くなった気がします。


朝食.jpg

家具配送.jpg

LDソファ1.jpg

LDソファ2.jpg

ふたたびシャインマスカット.jpg

夕食.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

10月の十ノ原2017(1) [十ノ原]

三連休で十ノ原です。

今回はLDソファーの受け取りがメインですが、中日の日曜日の11時から13時に届く予定です。

土曜日は早朝に激しい雨が降りましたが、出発した8時頃には雨も止んでいました。今回も圏央道は事故渋滞で、上田菅平ICを下りたのは12時、TSURUYAで買い出しの後、エキスパート珈琲でコーヒー豆を買い、十ノ原へ到着したのは13時半でした。エキスパート珈琲では、3年間かかって溜めたポイントで、購入品と同じものがタダで貰えました。およそ1000円で400gの「エキスパートブレンド」がゲットできました。

到着後、昼食はローラがTVコマーシャルしているエースコックのカップやきそば「モッチッチ」です。ラジオで聞きましたが、ひと月に100万食で大ヒットと呼ばれるこの世界で、2ヶ月で600万食を売上げた大人気商品で、自宅近くのスーパーでは塩味しか売っていませんでした。TSUTAYAにはたっぷり置いてあったので、さっそく「だし風味ソース」を買ってきて食べました。確かに麺は柔らかいのにコシがあって、美味でした。

たっぷり糖質を摂ったので、14時半から菅平ロードランニングコースを3周、20km走ってきました。

今月29日には横浜マラソンですが、8月下旬から週末に弓道の練習や試合が続き、また風邪だったのか体調も悪くしたことから、1か月ぶりに走った9月23日の20km走では後半ぴたっと脚が止まり、歩きながらの小走り状態で、なんと時間が2時間50分、平均ペースが8'13"/kmまで落ちてしまいました。今までは平均ペースが6'00"~6'30"/kmだったのに比べるとかなりのダウンです。さらに心配だったのは心拍数が120以上に上がらなかったこと。普通は120くらいから150くらいまで漸増します。確かに食欲もわかない状態が1週間以上も続いていたので、体力が予想以上に落ちていて、とても長時間走る状態にはないようでした。その後、糖質制限を一旦休止し、特に昼食は社外の飲食店で餃子定食や焼肉定食、ラーメンなどを摂るようにし、また週末だけでなく水曜日にも10kmほど走るようにして、すこしずつ体力を回復してきました。

今回は6.7kmのコースを3周する20kmで、アップダウンがあるものの全体で2時間12分、平均ペース6'36"/kmで走ることができました。心拍数も125から145まで順調に上がり、最後まで脚が止まることもありませんでした。ほぼ復活し、これなら、おおよそ以前のペースで走れそうです。

前回のフルマラソン「東北風土マラソン」では、最初の1周の20kmを2時間、6'00"/kmくらいで飛ばしてしまい、2週目にガクッとペースが落ち、30km過ぎからは脚も止まって歩きながらの走りで2時間40分、ペースも8'00/kmまで落ちて、合計4時間40分でした。

横浜マラソンでは前半は6'30"/kmに抑え、何とか後半に脚が止まらないようにして完走したいと思っています。

夕食は鶏団子にきりたんぽを入れたきのこ鍋と横浜から持ってきた焼売。TSURUYAで買った「鯵のたたきのゴマ醤油和え」も美味でした。


エキスパートブレンド.jpg

20kmペース傾向.jpg

菅平20km.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

都会の昼食(262) 六郷土手 中国料理ウルフ [都会の昼食]

果たして「都会の昼食」として載せて良いかどうか悩みましたが、鶴見のお店も紹介したことがあるので、良しとしました。

ずいぶんと久しぶりの「都会の昼食」です。昨年の11月22日以来ですから10ヶ月以上も空いてしまいました(2016-11-22; 有楽町 升本 アジフライ定食)。

今回はオンワードの社販会の後、次男の新居まで荷物を取りに寄った際に昼食を食べたところです。京浜急行線の六郷土手と雑色の中間、六郷神社や六郷小学校の近くにある中華料理のお店です。このあたりは小学校が二つに中学校が一つあって子供が多く、どこからか子供の声が聞こえてきます。国道15号線の東側で狭い道路が多く、あまり飲食店はありませんが、ここが次男のマンションから一番近いお食事処です。

店構えも雑然としていますが、中はもっと雑然としていて、カウンターが5席に4人掛けのテーブルが一つか二つあるこじんまりとしたお店です。

注文したのは、私が「もやしそば」650円で、家内は「特製ウルフ」800円、それに餃子400円です。もやしそばはサンマーメンですね。特製ウルフは醤油ベースのラーメンでトッピングがジャージャー麺のような辛味の肉みそが載っています。どちらもあんかけになっていて、熱々です。麺がちょっと柔らかかったですが、でもスープや具の味付けはちょうどです。そして想像以上に美味しかったのが餃子。皮が薄くてモチモチ。具もたっぷりでした。あとから口コミを見てみたら、マスターが一流ホテルの中華料理担当だったとありました。なるほど上手なわけです。

このところ、ランチはたっぷり食べて体力回復を目指していますが、家内の麺を少し手伝ったこともあり、お腹一杯になりました。このお値段でお腹一杯ならなかなか良いし、たぶん出前もしてくれそう。次男夫婦も重宝しそうなお店でした。

ご馳走さまでした。


中華ウルフ.jpg

サンマーめん.jpg

特製ウルフ.jpg

ウルフ餃子.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

ONWARD社販会 [ぶつぶつ]

日曜日にOnwardの社販会に行ってきました。

朝から1週間遅れでお彼岸のお墓参りに行き、その帰りです。父方は明大前の築地本願寺、母方は駒込白山の栄松院で、天気にも恵まれて渋滞もなく、良かったです。

オンワードの社販会は毎回東京ビッグサイトでしたが、今回から会場が変わり、田町にあるオンワード樫山のビルになりました。どうやらビッグサイトが2020年の東京オリンピックの会場となるため、当面はこちらのようです。

駐車場がないため、近くをうろうろしてから田町駅近くのコインパーキングに車を停め、10分ほど歩いて会場に着きました。田町駅からは無料の送迎バスが出ていて、お買い上げ5万円以上だと自宅へ商品を無料配送してくれるなどの対策を考えていたようですが、やはり電車で来るのは、ちょっと大変かもしれません。

会場は3階から7階で、2階が会計フロアです。1階で入場券を出して入り、列を作ってエレベータを待ち、20人ほど毎に上へあがります。到着したのは11時過ぎだったので、それほど混んでいませんでした。

婦人服は5階から7階、紳士服は3階と4階だったので、エレベータの中で家内と分かれ、1時間後にメールすることにしました。

お目当ては、だいぶ襟元が傷んできた冬物のシャツと靴下。いつも通りJOSEPH ABBOUDを探して、50%offのシャツを見つけました。前回は赤系だったので、今回は青系。試着してサイズも確認しましたが、家内によるとネルっぽい方は洗濯すると縮むかもしれないとのこと。まあ、致し方ありません。

あとはこちらも定番のDACKSのカジュアル靴下。一つ1,200円が700円ですから、それほど安くありませんが、とても暖かくて、しかも長持ちで気に入っています。

あと、3階の雑貨品売り場では革の手袋を見つけて悩みましたが、買ってしまいました。現在使っているのは10年近く経っていて、指先の裏地が外れてきていたのでそろそろ買い替えと思っていました。50%offといっても定価が19,000円とお高いのですが、サイズもちょうどで革の質も良さそうだったので決めました。こちらは五大陸(でもフィリピン製ですけど)。あとは通勤用のワイシャツ1枚5,800円で、お買い物終了。

手袋が予定外だったので、予算の3万円を超えてしまいました。

帰りには国道15号線を南下して、先週引っ越した次男夫婦のマンションへ寄り、不要なものを横浜へ持ち帰ってきました。次男が寮で使っていたシングルベッドのマットレスが戻ってきたので、横浜の模様替えも思案中です。


オンワード.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

IDさんを偲ぶ会 [ぶつぶつ]

土曜日に、8月に亡くなった友人の偲ぶ会に行ってきました(友人の訃報:2017-08-12)。

場所は青山にある「アイビーホール」です。後から聞いた話では、故人は青山に所縁があって、この場所を選んだのだそうです。

献体をしたためにまだご遺骨はなく、故人の写真と花束が飾られた祭壇に献花し、黙とうと献杯のあと、病気の経緯などについてご子息から話がありました。120名以上が集まり、お酒を飲みながら故人の思い出を歓談し、後半は数人が故人とのエピソードを披露し、最後には我々大学の仲間が校歌を歌ってお開きとなりました。

病気が分かったのが去年の7月で、甲状腺未分化ガンと分かったのが8月16日だそうですから、ちょうど1年の闘病でした。2月に会ったときには元気に治療の大変さを笑って話していましたが、ガンと分かって1ヶ月後には特注の骨壺をオーダーしていたのだそうで、気が早いというか、覚悟をしていたのかもしれません。きれいに笑っている遺影も、首にストールを巻いていることから、病気が判ってからどこかで撮影したのだろうと思います。どんな思いでカメラに向かって笑顔を作っていたのか、その心を思うと、何ともやり切れません。

たくさんの知人や友人、親族などが集まり、お酒を飲みながら歓談して故人に思いを馳せるというのは、普通のお葬式とは違いますが、なかなか良いものでした。涙なしというわけにはいきませんが、エピソードでは笑う場面も多く、きっと故人はこんな形で送って欲しかったのだろうなと思える、良い会でした。


偲ぶ会.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
前の30件 | -